Bカスタム スピナーヘッド

デプス×プロズワン B-カスタム スピナーヘッド 標準セット 使用例:キジハタ、ヒラメ、マゴチ、シーバス、アカハタ 使用例:オオモンハタ、クロソイ、アイナメ、カンパチ

デプス×プロズワン B-カスタムスピナーヘッド NEW

ハードルアーに属する「スピナーベイト」とリグの一つにカテゴライズされる「ジグヘッドリグ」の“中間の強さ”を狙ったデプス×プロズワン B-カスタム スピナーヘッド。

デプス×プロズワン デスアダーシャッド4インチをはじめ、シャッドテール系ワームやグラブ系ワームとの組み合わせがマッチ。

磯のサラシまわりやウネリ気味のサーフ、湧昇流が湧き上がる激流の中でも瞬時に水をつかみ初速の立ち上がりに優れた細長リーフブレードと、長年B-カスタムで実証され続ける低重心機構の効能を取り入れ、キャスティングでの横引きからバーチカルアプローチに至るまで、ショア・オフショア問わず低速引き~高速引きまであらゆるリトリーブスピードに追従したスイミングを実現。

スピナーベイトのアームを思わせるヘッド下方から斜めに伸びるワイヤーガードはバイブレーションを増幅させる振動針となるだけでなく障害物とのコンタクト時にテンションバーとして機能。針先をガードする役目も担います。

ジグヘッドリグにない微振動はアピール力の増大をもたらし、その使い分けを可能としました。

フックは大ダイやブリ、スジアラ等のヒットによる強烈な引きをも見据えたオーナーばり社製Ex.シャープストロングフック搭載で大物対策も万全。

親針をもとに好みに応じて、トレーラーフックや孫バリもカスタイマイズしてご使用いただけます。

キジハタ・アカハタ・オオモンハタ・クロソイといったロックフィッシュは言うに及ばず、マダイ・シーバス・ヒラメ・マゴチ・ホウボウ・タチウオ・青物等、スイミングによる“コーリングアップの釣り”に広く対応します。

マダイや根魚五目釣りではエサのエビをセットしての「(ブレード付き)ひとつテンヤ」、タチウオ狙いではキビナゴ等を針金に巻いてセットする「餌巻きテンヤ」としてもアレンジ次第で幅広くお使いいただけます。

ジグヘッドやスピナーベイト、テンヤとの使い分けでローテーションの幅がより一層魅力的に広がります。

ただ巻きや上下の誘いで釣れる、シンプルにしてエキサイティングな世界をお楽しみください。

スピナーヘッド商品一覧
カラー 重さ JAN 本体価格(税別途)
♯1 青銀 28g 4580331370851 ¥800
♯2 赤金 4580331370868
♯3 金黒 4580331370875
♯4 グリーンゴールド 4580331370882
♯1 青銀 35g 4580331370899 ¥810
♯2 赤金 4580331370905
♯3 金黒 4580331370912
♯4 グリーンゴールド 4580331370929
♯1 青銀 42g 4580331370936 ¥820
♯2 赤金 4580331370981
♯3 金黒 4580331370998
♯4 グリーンゴールド 4580331371001
アレンジが楽しめる フックセッティング
トリプルフック セッティング

市販のトリプルフックをお好みに応じて!

ダブルフック セッティング

市販のダブルフックをお好みに応じて!

トレーラーフック セッティング

市販のトレーラーフックをお好みに応じて!

ラバースカート 仕様

市販のスピナーベイト用ラバースカートをお好みで装着!ラバースカート仕様のみでも使用できます。

トレーラーフック セッティング
マダイ対応
アレンジが楽しめる フックセッティング
佐藤文紀からのメッセージ

スピナーベイトが持つ圧倒的集魚力とジグヘッドリグの優れたフッキング性能を融合したスイミングアイテムです。

ちょうどルアーとリグの中間的存在に位置するので、ハードルアーとソフトルアー(ジグ単)の隙間を埋めるルアーローテーションとして広くご活用いただけます。
中でもスプーンブレードと言っても過言ではない、徹底追及のブレードには自身30年近くに及ぶサクラマス釣りによる本流トラウトスプーンの知識が役立ちました。

ブレードの凹凸や厚み、幅と長さ、R(アール)で変わる回転角、エッジ処理とブレード表面の溝の入り方といった微細なところまで豊富なトラウト経験をも生かし、本ブレードの開発に落とし込むことができました。
根の起伏に沿いながらの低速スローローリングから、回遊魚狙いの早巻きまで。
大物狙いのスイミングに、ぜひお役立てください。

ロックフィッシャー佐藤文紀

プロロックフィッシャー
佐藤文紀
(さとうふみのり)
元祖・根魚ハンターとして、数々のIGFA世界記録及びJGFA日本記録を有し、「根魚釣りの専門家」として東北〜北海道を拠点に全国各地の根魚を追い続ける。
又、フラットフィッシュや大型トラウトの釣りにも造詣が深い。
2011年、自らがプロデュースするブランド、PRO’S ONEを立ち上げた。
NPO法人ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)評議員

キャッチアンドリリースのお願い

豊かな自然とグッドコンディションの魚を守るため、必要以上のキープは慎み、又、産卵前の個体やこれから大きく成長していく若魚は、ぜひともリリースを心掛けましょう。
釣り場環境への負担を最小限に抑えることで、次世代に渡り末永く楽しめることを願って―。